警戒する!このシアリス正規品薬は飲みにならない

薬物は体内に入って、効果の過程の過程のたくさんの要因の影響を発揮して、飲食、病理状態、同時に服用する薬物など.食事の気に気をつけている患者が多い.その中、酒は非常に重要な飲食の影響の要素です.飲酒は薬物の代謝に影響する、薬物は半減,シアリス正規品、作用時間も短縮.また、長期的には、アルコール性肝硬変、肝機能が損なわれ、薬物の代謝が低下し、薬物の作用時間が延長されている.飲酒は薬物の代謝に影響を及ぼして、また薬物の治療効果に影響して、不良反応が現れ可能です.深刻なのは病気になって,入院治療を必要としている.いち.鎮静催眠薬など、安定を鎮静睡眠薬中枢神経抑制状態にある.アルコールはこの抑制作用を強めます.両者のユナイテッド、深刻な会呼吸抑制、血圧低下.だから時には鎮静睡眠薬で、飲料アルコール飲料.に.抗アレルギー薬、例えばジフェンヒドラミン抗アレルギー薬、およびいくつかの抗精神病薬、中枢神経係の作用を抑える.アルコール同様にこの抑制作用を強め、患者の精神状態に影響を与える.薬のような患者はなるべく飲酒しないようにしてください.さん.経口血糖降下薬、インスリン経口血糖降下薬やインスリン注射用とアルコールが共同作用.アルコールはグリコーゲンに分解され,血糖値が発生しやすく、患者の血糖制御に影響することができます.だから、糖尿病患者は規則正しい生活習慣を養成し、勝手に飲酒しないでください;飲酒の場合、血糖の変化に注意して、血糖反応の発生を防止します.よんしよ.いくつかの降圧薬、利血平降圧薬などいくつかの一部とアルコールが共同作用.例えば、ニトログリセリン、利血平、胍乙啶、化合降圧片、巴唑、消心痛など、外週の血管の拡張させる.アルコールはさらに血管拡張になります.飲酒で降圧薬、両者は協同作用が発生し、低血圧、ショックで命をおびやかす.ご.解熱鎮痛薬などの薬を飲まない壊れたイブプロフェン断ち物医者の手の解熱鎮痛薬を招く可能性胃腸を傷つけ、生んで胃の調子が悪い、吐き気、潰瘍、さらにパンチなどの症状.アルコールも胃腸に対して粘膜に損害をもたらします.だから、飲酒の前後、解熱鎮痛薬を服用して、胃の粘膜の障壁、出血、出血を引き起こすことができます.ろく.糖皮質ホルモンが紅斑性狼瘡、乾癬、強皮症などの自己免疫係の疾病の患者の長期服用糖皮質ホルモン.この薬物と解熱鎮痛薬と同様に、胃腸の粘膜に損傷をもたらし、潰瘍と出血を引き起こします.だから、薬を飲む間に飲酒しないほうがいいです.ななしち.抗生物質、例えばbao種類使用bao孟多bao哌、ケトン、bao美zuoなどの期間に、もし飲酒、出てくるように作用を硫黄を招き、顔を赤くする、動悸が速く、めまい、吐き気、嘔吐、血圧の低下などの酔っ払い症状.薬の代謝に影響し、アセトアルデヒドが大量に堆積しているからだ.上記の薬の期間、以後数日は1つ星の手を使用して