正規品シアリスについての豆知識

  • シアリスは?

シアリスは勃起不全(ED)のための治療薬です。ED治療薬は、性交渉前に使う事が多いですので、頻繁に利用する事になります。数多くの利用数は健康に悪い影響を齎してしまってはいけないので、優しいED治療薬は今すごく重視されています。その流れの中で、シアリスの効き目が緩やかで体に優しい商品として評価されています。

シリアスの主要成分はタダラフィルなどで、ED治療薬が含む成分とほとんど同じです。それは陰茎内の平滑筋を緩ませて血流を良くして、勃起を促す物質を分解してしまうのを防ぐ効果を持っています。シリアスとレビトラの成分差異は主に、レビトラの成分は塩酸バルデナフィル水和物などで、特徴としては、即効性が高く、すぐに効き目が出るということです。

  • シアリスの持続時間:

シアリスの持続時間は最高です。それは一番著しいシアリスの効き目です。シアリスはいわゆるED治療薬の一つですが、他の種類の薬と比べたら、最長の場合で36時間にも渡るというのは絶対勝つのです。

服用して30分くらいで効果が出来ます。一度吸収されれば36時間と長時間作用しますから、 その後の食事の影響もなく、 服用のタイミングを考えなくていい自由度の高さが人気です。

シアリスの高容量20mgは効果も強く、あらゆるシーンで十分なパワーを発揮できます。 海外では週末に飲んで休み中はいつでも好きな時にの意味から『ウィークエンド・ピル』という愛称があります。

  • シアリスの種類:

シアリスジェネリックも何種類か発売されていますので、紹介したいと思います。

メーカーによって値段の差が少しありますが、効果に関してはそれほど差がありません。

  • 一番のおすすめは「タダシップ20mg」になります。このシアリスジェネリックは、インドのシプラと言う会社が製造しています。

具体的な価格を言うと:

タダシップ20mg 7箱(合計28錠) ⇒⇒5,280円(1箱あたり 754円)

  • タダリス 20mg 4錠 × 7箱⇒⇒ 5,478円 (1箱あたり 783円)
  • メガリス 7箱 ⇒⇒ 10,780円 (1箱あたり 1,540円)
  • エキシラー20mg 7箱(合計28錠)⇒⇒ 4,780円 (1箱あたり 683円)

ここで言いたいのは:シプラはインドでも最大のジェネリック医薬品メーカーで、発展途上国に向けて、HIV患者のための薬を低価格で供給している事でも知られています。

  • シアリスの使用期限:

薬は食べ物ではないという理由があるからなのか、あまり意識されていないことがあります。実は食べ物の消費期限や賞味期限と同様に、薬にも使用期限があるのです。ED治療薬のシアリスにも使用期限がありますので、気になる人はここで確認しておくことをおすすめします。

シアリスの使用期限の目安は処方を受けてから約2年と覚えておいて下さい。1週間に1度は新しいシアリスを入荷しているのですが稀に以下の画像のように2年を切る場合もございますが基本的には2年ございます。

暑い時期では7日程度、寒い時期でも14日程度で使ってしまうことが推奨されていますので、割るのであれば服用する直前にしておくのが無難といえるでしょう。

  • シアリス使用期限の確認方法:

正規品のシアリスは10mg、20mgともに1箱20錠と1箱40錠のロットの2種類がありますので箱のまま処方してもらえば使用期限は明記されていますが、医療機関によっては独自にルールで医薬品の箱ごと処方するのとを厳禁にしているところもあるので前もって箱ごとの処方が可能かどうか聞いておくとよいでしょう。

従って、以上の写真のように、よく箱の上の使用期限を確認してください!

  • シアリスの服用量:(シアリスの服用方法)
  • シリアス10~20mgを1日1回経口服用してください。
  • 一般に、性行為の15~30分ほど前にシアリス20mgを服用すると、平均24~36時間程度のED改善効果が期待できます。
  • シリアスを服用後、次の使用までは、必ず24時間以上あけてください。
  • はじめてシアリスを服用する場合は、半分に割って、半錠のシリアス分からお試してもいいです。
  • シアリスを服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
  • 薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。
  • シアリスを服用するとき注意しなければならない点:
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 硝酸剤又は一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等)を投与中の患者
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者
  • 不安定狭心症のある患者又は性交中に狭心症を発現したことのある患者
  • コントロール不良の不整脈、低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧 (安静時血圧>170/100mmHg)のある患者心筋梗塞の既往歴が最近3ヵ月以内にある患者