生命の林

の僧が、唐玄弉でしょう、彼がちょうど剃髪の時、法門寺の修行.法門寺の線香は盛りの有名寺、毎日晨钟暮鼓、多くの参拝者.玄弉と静かに静かに、心をこめて修身が、法門寺の法要付き合いが繁雑で、自分は青灯黄卷しきりに習経年だが、道の話になって、自分に遠く及ばない寺にはたくさんの僧.の
勧誘玄弉法門寺は天下に名だたるの有名寺、水深竜が多く、納天下の多くの名僧集、あなたなら、僧侶の中に一頭地を出す、よりもいくつかの辺鄙小寺で読み経読んで巻、こんな、あなたの才能がすぐ光でとびちる.玄弉自忖久々だが、その話は、別れを決意する先生、これを離れて喧で騒ぐ高僧が多いの法門寺、見つける辺鄙下火に山奥小寺に.そこで玄弉はところによる、小包、行方方丈留別.方丈は弉の意図を分かって、弉:“ろうそくの火のろうそくと太陽のどのもっと明るくすることが少し明るい?」弉はもちろん、太陽だと言っても.住職は言います:“あなたは太陽を望んでろうそくの火?」
玄弉を真剣に考えて長い間、丁寧に答えます:“私が壊れ太陽!」そこで方丈方丈は寺の後の林には行ってみようかと方丈ている!」法門寺の後は緑の松林だ松林.住職は玄弉を遠くないところの山の上で、この山に木が少なく、少しだけ低木や零細な左官松の木を指し、方丈中最高の1本は言います:“この木はここの最大最高の、これは何ができますか?」玄弉を木に見たのは、この本の松の木の枝を縦横に乱れ、幹短く歪み、玄弉のそれしかできないおかゆの薪.
方丈また散歩帯玄弉あの緑密密込み合いの林にあたり、林、李ケケ松秀颀、まっすぐに.方丈弉はなぜここの松は1株あたりがすらり、背筋がしっかりしているのか.
玄弉には争って天上の太陽を受けましょう.方丈丁寧にはこれらの木は人よ、一緒にそれらの長は、集団のために1筋の日光、一滴の雨のために、それらはすべて懸命に成長し、そこで李ケケ可能棟梁.それから群体ポツポツと左官木、一団団の日光はそれらの多くの雨はそれらの潅木で、それら万緑叢中紅一点それらとの競争、木がない、だから、それらは薪よ!弉に聞いた
弉聞いた、わかりました.弉は、法門寺は、この地にはなく広いという大林、山野小寺は森の木々からある樹になっていると慚愧.方丈、私は法門寺を離れることはできませんでした!」
法門寺の森の中で、玄弉の苦心潜修、後になって、ようやく世代名僧.彼の枝だけでなく、伸びた雲、伸ばした空、そして、受けた西の仏光輝く.人は社会というものを離れてはいけない、という集団の、まるで森から離れられないように